抗ウイルス性・抗菌性軟質フィルム アキレスウイルセーフ

不織布ベースの抗菌フィルム、アキレスウイルセーフ

これは、株式会社 NBCメッシュテックさんの、一価銅化合物ナノ粒子を応用した抗ウイルス・抗菌技術を用いた不織布、Cufitec®キュフィテックを用いた、フィルム製品です。

不織布ってなんですか?
助手
助手
抗菌博士
抗菌博士
不織布は、一般的な布の様に、糸を織り込んで作られている布では無くて、主に、プラスチック繊維を、熱や、接着剤など、化学的な方法で、複合させてシート、フィルム状にしている面白い素材です。

不織布ベースの抗菌フィルムの特徴

不織布がベース素材だとどんな特徴が
あるのですか?
助手
助手

不織布の大きな特徴は、使われる不織布のプラスチック繊維にもよりますが、一般的に、柔軟性があり、柔らかい質感が特徴です。

富士フィルムさんの、抗菌フィルム Hydro Ag+ 抗菌フィルム など、抗菌フィルムのベース素材には、一般的にPETフィルムが用いられます(参考:抗菌フィルムに使われる素材の種類、選び方 )

PETフィルムは、汎用性が高く、とても便利な材料なのですが、追従性、柔軟性が、同じ厚みの不織布と比べてしまうと、どうしても固く感じてしまう。

だから、曲面であったり、曲線がある、素材の場合、不織布がベースの方が、使いやすい場面もあります。

抗菌博士
抗菌博士
不織「布」の名前が示す通り、布の様に使えるので
用途によっては、PETフィルムを基材としたものより、使いやすい場面があるね。

アキレス ウィルセーフ特徴

アキレスさんのウイルセーフには
どんな特徴があるのですか?
助手
助手

アキレスの ウイルセーフは、NBCメッシュテックさんのキュフィテックに粘着加工を施し、それにシールの様に使える、剥離神紙、セパレーターをラミネートしています。

よって、シート状のフィルムを、はさみ等で切り取って張り付ければ、自分の好きな場所を、抗菌できるというのが、まず、大きな特徴です。

抗菌博士
抗菌博士
柔らかく、フィルムの追従性もあるから、凸凹していたり、曲面にも貼り合わせやい製品設計です

アキレス ウイルセーフ 性能

ウイルスタイプ 60分後
エンベロープ有 99.99%以上減少
エンベロープ無 99.99%以上減少

(アキレスウイルセーフ サイトより引用 測定方法 ISO18184-2014 にて測定)

 

ウイルスタイプ 15分 30分 60分
エンベロープ有 99.99%以上減少 99.99%以上減少 99.99%以上減少

(アキレスウイルセーフ サイトより引用 測定方法 ISO18184-2014 にて測定)

 

機能加工繊維製品の 基準となる ISO18184 の評価方法で 99.99%以上の ウイルスの減少を確認

しかも、抗ウイルス活性値の 認定基準値である 2(= 99.99%以上の減少効果)を大きく上回る

4以上の数値を示していて、これは、基準値の100倍以上の効果を示しています。

しかも、実験後、15分でその効果が確認されています

抗菌博士
抗菌博士
この早く効果があるというのも
この製品の魅力の一つだね。

実際の用途や使い方

具体的には、どんな用途で使用すると良いのでしょうか
助手
助手

不織布の良い所として、その柔軟性や、柔らかさ、追従性を先に説明しました。

不織布と、PETフィルムを基材としや、抗菌フィルムのもう一つの大きな違いは、その透明性の違いです。

不織布というのは、繊維を化学的、物理的な力で、シート状にするので、透明なまま、布、シート状にできないのは、PETフィルムとの大きな違いです。

2020/02/17ワールドビジネスサテライト

2020年月17日 のテレビ東京、ワールドビジネスサテライトで、実際の使われ方が紹介されていますが。(テレビ朝日 スーパーJチャンネル 2020年2月19日 等、テレビでの紹介も増えています。)

コピー機などの、そこまで透明性が、求められない、タッチパネル等であれば、問題はないと思いますが

スマートホンなど、画面の鮮明性を求められる用途に対しては、不向きな素材と考えます。

テレビでは、不特定多数の方が触る、テレビのリモコンや、ドアノブなどに、切り取ってまきつけるという使い方をしていましたが

これは、公共施設や、介護施設などで、みんなで使うものに対する対策としては、良いアイデアかもしれません。

その他、有馬温泉などでも、エレベータのボタンにこのフィルむを貼って、抗菌対策をしているという事例もありました。

スマートフォンなどの保護フィルムとしては、タッチパネル表面に抗菌機能のあるフィルムを貼ったりしますが、結局のところ、スマートフォンの背面も、抗菌対策がされていないと、片手落ちになってしまう部分もあるので。

そういった、普段使うもので、透明性をそこまで気にしないアイテムの抗菌対策としても、面白いかもしれません。

抗菌博士
抗菌博士
特徴を正しく理解して、自分の目的にあった、製品を選びましょう!

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です