シェアハウス/シェアオフィスへの抗ウイルス対策

シェアハウス、シェアオフィスなどでも、多くの人が触れる可能性のある機器や、設備は多いと思います。

今回、シェアハウスにサンプル提供させていただきまして、その可能性について色々、考えてみました。

シェアハウス、シェアオフィスでのウイルス対策

不特定多数の方が出入りする可能性のある施設では、抗ウイルス対策は、可能な限り行った方が良いと考えられます。

理由としては、シンプルに、皆で同じ場所を共有する事で、様々な恩恵を受ける事が出来る施設な訳ですから、不必要なリスクまで共有する必要はなく。

これは、新型コロナウイルスに限ったお話ではなく。

様々な、ウイルスや、感染症にも言える事ですし。

そして、シェアハウスや、オフィスに限らず、公共の場を利用させていただく中では意識したいことですよね。

基本は個人の意識を高めたウイルス対策

ふき取り

ここでも言える事は、抗ウイルス製品でのウイルス対策は、あくまで二次的なもので。

一番の対策はやはり、個人が、アルコールや、石鹸といった消毒効果のある製品で対策を行う事。

そして、沢山の人が触れる可能性のある場所では、こまめに、除菌、消毒をおこなうこと。

これが一番の対策であることは間違いありません。

それを踏まえた、抗ウイルス対策

今回、実際のトイレのウォシュレットの操作パネルに抗ウイルスフィルムを貼られたそうです。

ここは、ボタンに貼るのも良いですし

全体に上手くはるのも良いと思います。

そして、トイレは ウイルスだけでなく、様々な細菌等の対策をしておくと、より安心でもありますので

こういった、抗ウイルス、抗菌用途が求められる場所への対策は賢いと思います。

あと、トイレの場合もやはり、アルコールスプレー等を用意して

「使用後は、あとの方の為に、一度アルコールでふき取りお願いします」といった

注意書きをしておくと良いと思いますね。

そして、そのうえで、抗ウイルスフィルムで対策をしておくと、2重で安心できますし。

あとは、抗ウイルスフィルムを使用している事を明示しておくと良いと思います。

それをすることで、この場所は、この環境は、ウイルス対策をしっかり意識づけしている。

気を付けている場所なのだなと、全体の啓蒙活動にもなりますので。

あとは、今回、エアコンのリモコン等にも、試した下さったそうです。

これも、沢山の人が触れますし。

あと、こういったものの場合、あまり、こまめにふき取る意識はないかと思いますので。

こうった場所の用途展開も賢いと考えます。

抗ウイルスフィルム、サンプルご希望の方

現在、グル―ウィル様にご協力いただき、サンプル提供させていただいております。(今回使用している者も、グル―ウィル様ご提供のものです。)

サンプルご希望の方は、下記バナーから、お申込みをよろしくお願いいたします。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です