病原体を理解する ウイルスと細菌と真菌の違い

ウイルスと細菌の違い

人が病気になる要因として、病原体の存在があります。

病原体の種類は、様々で、インフルエンザを引きおこす「ウイルス」や、O157などの大腸菌に代表される「細菌」が引き起こす食中毒、白癬菌などの、「真菌(カビ)」が引き起こす、水虫など、病気の種類も様々です。

新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) は コロナウイルスという病原体による病気で

なのでその予防や、対策は、そのウイルスに適した、対策や、予防が必要となります。

抗菌博士
抗菌博士
抗菌フィルムや、製品も、対象となる病原体が異なるので、注意が必要です。

ウイルスと細菌と真菌の違い

ウイルスと細菌、真菌は具体的になにが違うのですか?
助手
助手

ウイルスも、細菌も、真菌も、大きな括りで見ると、微生物という事ができます。

その微生物の中で、大きさや、特徴で分類していくと、以下の様な表になります。

微生物
種類 ウイルス 細菌 真菌
大きさ 数十nm~数百nm 1μm前後 1~10μm
細胞 ない ある(核膜なし) ある(核膜あり)
増殖 自己増殖できない 自己増殖できる 自己増殖できる

 

ウイルスの特徴

ウイルスの特徴は、まずは、非常に小さいという事が言えす。

1nm(ナノメートル)=1μm(マイクロメートル)の 1/1000の大きさとなります。

人間の髪の毛の太さが 約100μm。

人の細胞、一つの大きさが、約10μmなので、それよりも 1/10000の大きさと言えます。

そして、ウイルスは、自分で増殖する事ができません。
よって、人や生物の体内に侵入して増殖します

細菌の特徴

細菌の特徴は、ウイルスよりも大きく、真菌や、人の細胞よりも小さいのが特徴です。

抗菌博士
抗菌博士
人の赤血球が7~8μmくらいの
大きさなので、それより少し小さい大きさですね

細菌は細胞があって、自己増殖で増えることが出来ます。

まな板等で、お肉を切って、同じまな板や、包丁で 野菜を切ると、お腹を壊す事があるのは、まな板の上で、大腸菌などの、細菌が増殖して、それが体内に入ることで、引き起こされ現象とも言えます。

真菌の特徴

真菌はカビや、キノコなども、仲間であって。

それらと同じように、菌糸を作って、増殖、成長していきます。

真菌は、真核生物といって、ちゃんと細胞の核膜が存在していて、より人間の細胞に近い構成と言えます。

なるほど、それぞれ細かく見て行くと特徴がそれぞれ違っているのですね。
助手
助手
抗菌博士
抗菌博士
そう、それぞれの微生物、病原体の特徴によって、取るべき対策や、予防方法も異なるので、抗菌フィルムを選ぶ場合も注意が必要です。次回は、そのあたりも詳しく見て行きましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です