病院、診療所の新型コロナウイルス対策

病院、診療所の新型コロナウイルス対策

問診票の記入

コロナウイルス対策を行う上で、大切な考え方の一つは

正しい、正確な情報に基づいて行動をすることが言えると思います。

その中で、病院、診療所関連は、これまでも様々なウイルスに対して、色々な対策の経験があるので、情報としても信憑性が高いです。

今回は、病院、診療所関連の対策をまとめてみましたので、参考にしてくださればと思います。

より専門的で詳しい内容は、一般社団法人 日本環境感染学会様など、専門機関が、医療機関における新型コロナウイルス感染症への対応ガイド

この様に情報開示されているので、より詳しい情報をご確認されたい方は、こちらもご確認ください。

入口、訪問者への対応

入口で行われている対応は、主に以下です

  • 検温
  • 消毒、殺菌
  • 健康チェック

実際、新型コロナの検診を行っていないので、新型コロナウイルスの感染が疑わしい方の、来院自体をお断りしている病院もあります。

又、お見舞いに関しても、リスクを考慮して、お断りしている病院もあります。

健康チェックに関しては、こちら、山形大学附属病院様のサイトでダウンロードできますが

コロナチェックシート

事前にチェックシートの記入、特に紹介病院の場合は、このケースが多いです。

抗菌博士
抗菌博士
病院関係は、より厳密なチェックや管理が求められますね

受付、院内、スタッフ対応

受付や、院内の対策としては

パーテーションで区切って飛沫対策や、マスク、ゴーグル(目眼等)の着用など、このあたりもしっかりやられていますね。

病院関係の場合、日常業務、習慣的な部分として、消毒、殺菌をしっかりやられているところは多いですが、新型コロナウイルスを機に、よりしっかり情報や意識共有して行っているところが多いですね。

この辺りは、こちら、今年初めのチャーター便の帰国から、検査、受け入れをされていた、東京都大田区の荏原病院さんが、ハンドブックを作成されていてます。

こちらとても参考になるので、リンクを貼っておきます。

リンクはこちら。

手洗いや、マスクの正しいつけ方、どういった接触が、感染リスクを高めるか、とても詳しく書いてあるのでお勧めです。

より本格的なモノ、スタッフマネジメント含めたものは、

リンクはこちら。

こちらも、医療関係の方々はもちろんですが、一般の企業等でも参考になる部分、取り組むと良い部分がありますので、もしよろしければ、こちらもご参照に。

医療従事者の方々へ 抗ウイルスフィルム、グッズのサンプル提供

私どものサイトでは、タッチパネル向け保護フィルムで有名なグル―ウィル様より、抗ウイルスフィルムのサンプル提供を頂いております。

タッチパネル向けの、抗ウイルスフィルムとしては、実績がある商品ですので、もし、サンプルご必要な方、お気軽にご連絡ください。

用途のご提案として

グル―ウィル様の強みは

  • 国内加工
  • サイズや形の制限なく、抗ウイルス保護フィルムの作成が可能

となっています。

先の、荏原病院様の資料内にもありましたが、共用部の、消毒、殺菌、ケアはだいじなポイントの一つとなります。

コロナを注意する場所

(荏原病院様、資料より参照)

エレベーターのボタンや、外来向け等のタッチパネルなど、サイズに合わせてご提供できますので、お気軽にご連絡ください。

 

貼る検温系

貼れる検温

 

貼るタイプの検温ラベルになります。

医療従事者の方々の、ガイドラインとして、業務に着く前の体温チェック、健康状態の確認を、ルーチン化している病院様が殆どだと思います。

ただ、お忙しい医療従事者の方々は、日常的な、定期的に、体温チェックを行うのが難しい場合もあるのではないでしょうか?

こちらの商品は、体温に反応して、色が変わるラベルとなっています。

ラベルの例

こちらも、今、テストサンプルご提供できますので、ご興味ある方、こちらからご連絡お願いいたします。

病院、診療所の新型コロナウイルス対策まとめ

病院に限った話ではなく、私たちも、常日頃、感染しないこと、させないことを心がけて、行動する事がもちろん大切ですし

自分達の身の回り、関わる環境でも、病院で行っているような、対策、意識づけを取り入れて行って、共に協力しあうことが、やはり大切ですね。

もし、病院関連に紹介されたい、提案されたいアイテムや、サービス、商品をお持ちの方いらっしゃいましたら、こちらで紹介させていただきますので、こちらも、お気軽にご相談ください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です