抗菌フィルムに使われる素材の種類、選び方

プラスチックフィルム

抗菌フィルムに使われるプラスチックフィルムは
どうやって選ぶと良いのですか?
助手
助手
抗菌博士
抗菌博士
そうだね、最近は、フィルムの種類も沢山増えているし
用途や、特徴によって、選び方にもコツがあるから、今日は、素材に使われるフィルムの話をしよう

抗菌フィルムの素材の違い

抗菌フィルムの構成は、ベースとなる、基材フィルムと、抗菌性能の効果を出す、コーティング層の2層構成が基本となっています。

ただ、中には、基材フィルム、ベースフィルムの素材そのものに、抗菌性能を持たせる成分を混ぜたり、そんな機能を持った、官能基や、添加剤を加えているケースもあって。

今回は、前者を前提にお話します。

基材の違い

基材、ベースフィルムに選ばれるものは、用途や、求められる性能によって異なります。

ただ、大前提として、「フィルムにコーティングをして」作りますので、コーティング剤に用いられる、有機溶媒への、耐久性や、コーティングの熱に耐えられる性能が求められるので

ある程度、機能性や、耐久性が、担保されるフィルムが選ばれます。

プラスチックフィルムなら
なんでも良いわけではないのですね。
助手
助手
抗菌博士
抗菌博士
そう。例えば買い物で使うレジ袋なんかは、ポリオレフィン系の材料を使っていて、安くて便利なんだけど、耐熱性や、薬品性が厳しかったりするから、高性能な分野には、使い辛かったりするね。

汎用的な高機能フィルム材料PETフィルム

実際、対候性や、耐薬品性、溶剤性に優れたフィルムも沢山ありますが

やはり、製品としての汎用性、機能性、そしてコスト面を考えると、PETフィルムが今、一番使われているフィルム材料と言えます。

ここで紹介している 富士フィルムさんの抗菌フィルムHydro Ag+ 抗菌フィルム

これも、100μmのPETフィルム基材に、抗菌機能を持たせたコーティング層が、コーティングされている構成です。

100μmというのは、どのくらいの厚みですか?
助手
助手
抗菌博士
抗菌博士
1μmが、1mmの1000分の1。人間の髪の毛の太さが平均で、50~100μmと言われているから、大体、それと同じくらいの厚みだね。

PETフィルムを抗菌フィルムのベースフィルムにする理由

PETフィルムが、産業用、工業用で、かなりの用途に使われているフィルムです。

例えば、液晶パネルを構成する、バックライトのユニットなんかにも、反射フィルム、拡散フィルム、といった形で沢山使われていますし

タッチパネルを作るのにも、導電性をもった、薄膜層が蒸着されているPETフィルムが用いられていて、対候性や、対溶剤性、薬品性、そして、光の透過率などにも、優れていて。

そういった意味でも、非常に、使いやすいフィルムになっています。

なるほど。PETフィルム以外ですと、例えばどんな
フィルムがありますか?
助手
助手
抗菌博士
抗菌博士
これは、プラスチックフィルムの定義をどこまで見るかにもよるけれど。PVC(ポリ塩化ビニル)や、不織布といった、プラスチックを織り込んだ布状のフィルムが用いられていたりもするね。

抗菌フィルムのベースフィルムの選び方

基本は、PETフィルム基材のものが、殆どなので、自然と、PETフィルムをベースにしたものを選ぶことになると思います。

その時、気を付けると良いのが、フィルムの厚みですね。

汎用品のフィルム厚みは 100μm~125μm 少し厚くて 188μmのものもありますが

100μm~125μmのモノを選んでいれば、問題ないはずです。

ただし、PETフィルムの良い点は、そのまま弱点にもなる部分で。

PETフィルムは、プラスチックフィルムの中でも、強度、固さが有る方なので。

その場合は、追従性や、柔らかさのある、PVCベースのフィルムや、アキレスさんなんかの、抗菌フィルムで採用されている、不織布を用いるという、選択肢もあります。

用途によって選ぶのが大切なんですね。
助手
助手
抗菌博士
抗菌博士
今回は、基材、ベースフィルムのお話をしましたが、次回は、コーティング剤。抗菌素材の違いについても、お話したいと思います。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です